AE Assist サイトマップ会社概要お問い合わせ
Yahoo!オークションストア向けのお薦めツール AE Assist Yahoo!オークションへの出品作業効率を飛躍的に高めます。 ご購入希望の方へ
AE Assist Official Web site
AE Assistのご紹介
主な機能
動作環境及び仕様・注意事項
オンラインマニュアル
活用編 マスターテンプレート編集
活用編 環境設定
活用編 常用カテゴリ選択
活用編 出品ページHTML作成
活用編 自社データの活用①
活用編 自社データの活用②
活用編 オークションファイル作成
活用編 ストア出品ツールの活用
活用編 出品データの管理
活用編 モバイル版用説明欄
ダウンロード
機能編 マニュアルダウンロード
体験版ダウンロード
サンプルデータ
マスターテンプレート
ライセンス
ライセンス購入
ライセンス登録までの流れ
サポート
お問い合わせフォーム
FAQ よくあるお問合せ
ユーザー向けメニュー
登録情報の変更
連絡用メールアドレス変更
ライセンスコード再申請 有償サポート
OTHERS
Informationリスト
サイトマップ
リンク
会社概要
特定商取引法に基づく表記
HOME

オンラインマニュアル [活用編 オークションファイル作成]

+
出品用のオークションファイルを作成。
+

①オークションファイル作成フロー
・

オークションファイルの作成は出品データ作成方法により以下のようなフローで作成します。

オークションファイル作成フロー

②オークションファイルの作成
・

作成(M)→オークションファイル作成(R)でオークションファイルを作成します。
このメニューは主に『CSVアップロード』で出品されるユーザー向けのオークションファイル作成メニューです。

オークションファイルは現在表示されているユーザーデータと同じフォルダ内に『auctionsフォルダ』を新規に作成し、その中に『auctions.csv』とAEAssistシート内で指定した『商品画像ファイル』が保存されます。

対象レコードを選択し、作成(M)→オークションファイル作成(R)を実行します。
  • 複数選択 : [Ctrl]を押しながらレコードを選択
  • 全部選択 : シート左上の『項目名』または『指示列』をクリック
当作成メニューを実行する前に、ユーザーデータを保存していない場合は下記のようなユーザーデータの保存を促すメッセージが表示されますので、メッセージで[はい(Y)]を選択し、任意の場所へ任意のファイル名でユーザーデータを保存してください。

オークションファイル作成 ユーザーデータ保存メッセージ
オークションファイル作成 ユーザーデータ保存メッセージ


オークションファイルの作成は、オークションへの出品方法(アップロード方法)によって異なってきます。
オークションファイルを作成する前にどの出品方法で出品するのかを決めてからオークションファイルの作成を行うことをお勧めします。

<出品方法の種類と違い>
出品方法 特徴 出品最大件数 AEAssistの操作
CSVアップロード アップロードした全件の内容確認後即座に出品される。 150件 作成対象レコード150件まで。
作成(M)→[オークションファイル作成(R)]
作成(M)→[圧縮ファイル作成(Z)]
BOX出品 一旦BOXへ登録後、一度に300件までの出品と商品別に出品する/しないの設定、予約出品が可能。 300件 作成対象レコード300件まで。
作成(M)→[圧縮ファイル作成(Z)]
作成(M)→[分割後に圧縮ファイル作成(B)]
BOX登録 出品データをBOXへ登録。 999件※ 作成対象レコード999件まで。
作成(M)→[圧縮ファイル作成(Z)]
作成(M)→[分割後に圧縮ファイル作成(B)]
※1回にアップロードできる件数です。

また、AEAssistシート上においてオークションファイル作成の対象となるレコード数が151件以上の場合は、下記のようなメッセージが表示されます。

オークションファイル作成 レコード数確認メッセージ
オークションファイル作成 レコード数確認メッセージ

  • [はい(Y)] : AEAssistシートに戻ってレコードを選択し直します。
  • [いいえ(N)] : そのまま選択レコードに対するオークションファイルを作成します。
<注意>
同一フォルダ内にユーザーデータ(○○.aed)が2つ以上存在している状態で、それぞれのユーザーデータに対しオークションファイルの作成を実行した場合、オークションファイルのファイル名(auctions.csv/auctions.zip)と保存先(ユーザーデータフォルダ)が同一のため、後に作成したファイルへ上書きされます。
予めユーザーデータを保存するフォルダを、他のユーザーデータが存在しないフォルダへ保存するようにしていただくか、オークションファイル作成前に、先に作成したオークションファイル(auctions.csv/auctions.zip)のバックアップを行ってから次のオークションファイル作成を実行してください。


③圧縮ファイルの作成
・

作成(M)→圧縮ファイル作成(R)では①オークションファイルの作成で作成するauctions.csvと画像ファイルを同梱圧縮したZIPファイル(auctions.zip)を作成しますので、当メニューを実行する前に、オークションファイルを作成しておく必要があります。
ここで作成したZIPファイルは全ての出品方法(CSVアップロード、BOX出品、登録)でご利用いただけます。

既にオークションファイルを作成を実施したデータで、圧縮ファイルとして作成する対象レコードを選択し、作成(M)→圧縮ファイル作成(R)を実行すると確認メッセージが表示されます。
  • 複数選択 : [Ctrl]を押しながらレコードを選択
  • 全部選択 : シート左上の『項目名』または『指示列』をクリック
圧縮ファイル作成確認メッセージ
圧縮ファイル作成確認メッセージ

※作成時間は、対象レコード件数とご利用のパソコン性能に依存します。

作成(M)→圧縮ファイル作成(R)では、指定されたレコード全件に対してのZIPファイル(auctions.zip)を作成しますので、CSVアップロードで出品される方は対象レコード数を150件以下、BOXに登録してから直ぐに出品される方は対象レコード数を300件以下となるようにレコードを選択して、圧縮ファイル作成を実行するようにしてください。

<注意>
同一フォルダ内にユーザーデータ(○○.aed)が2つ以上存在している状態で、それぞれのユーザーデータに対しオークションファイルの作成を実行した場合、オークションファイルのファイル名(auctions.csv/auctions.zip)と保存先(ユーザーデータフォルダ)が同一のため、後に作成したファイルへ上書きされます。
予めユーザーデータを保存するフォルダを、他のユーザーデータが存在しないフォルダへ保存するようにしていただくか、オークションファイル作成前に、先に作成したオークションファイル(auctions.csv/auctions.zip)のバックアップを行ってから次のオークションファイル作成を実行してください。



④分割後に圧縮ファイルを作成
・

作成(M)→分割後に圧縮ファイル作成(B)ではユーザーが指定したレコード数で分割し、auctions.csvと画像ファイルを同梱圧縮したZIPファイル(auctions.zip)を作成します。
同じ商品を大量に出品される場合や多種の商品を出品される場合など、AEAssistシート上で一度に301件以上のデータを作成される場合に便利な機能です。

分割後に圧縮ファイル作成をクリックすると以下の確認メッセージが表示され、[はい(Y)]をクリックすると、分割行数を設定する画面が表示されます。

分割後に圧縮ファイル作成 確認メッセージ
分割後に圧縮ファイル作成 確認メッセージ


分割行数指定画面
分割行数指定画面

分割された圧縮ファイルは、ユーザーデータが保存されているフォルダ内に[Split_○(○は分割NO)]というフォルダが新規作成され、そのフォルダ内にそれぞれauctions.zipが保存されます。また同時に、ZIPファイルと同階層にauctionsフォルダが作成され、その中にZIPファイルの元となるauctions.csvファイルと画像ファイルが保存されます。

≪分割作成の例≫
500件の出品データ(userdata.aed)で、CSVアップロード出品を行いたい場合、分割指定=150件と設定すると、ユーザーデータファイルの保存場所(UserData_Folder)に3つのSplit_Nフォルダが自動作成され、その中に分割されたそれぞれのZIPファイル(150件が3つ、50件が1つ)とauctionsフォルダが作成されます。Split_Nフォルダ内のauctionsフォルダには、ZIPファイルの元となるauctions.csvと画像ファイルが保存されます。

≪上記例でのディレクトリ構成例≫

UserData_Folder / userdata.aed
    |
    +─ Split_1 / auctions.zip : 150件
        |
        +─ / auctions / auctions.csv : 150件
        |           photo1.jpg
        |           photo2.jpg
        |           photo3.jpg・・・
        |
       Split_2 / auctions.zip : 150件
        |
        +─ / auctions / auctions.csv : 150件
        |           photo1.jpg
        |           photo2.jpg
        |           photo3.jpg・・・
        |
       Split_3 / auctions.zip : 150件
        |
        +─ / auctions / auctions.csv : 150件
        |           photo1.jpg
        |           photo2.jpg
        |           photo3.jpg・・・
        |
       Split_4 / auctions.zip : 50件
        |
        +─ / auctions / auctions.csv : 50件
                   photo1.jpg
                   photo2.jpg
                   photo3.jpg・・・

以上のような操作で作成した各オークション用出品ファイル(CSVファイルまたはZIPファイル)をストア出品ツールを使ってアップロードします。


⑤オークションファイルの確認
・

入力が完了したレコード(シート左端の行番号)をクリック、全件を対象とする場合はシート左上の『項目名』または『指示列』をクリックして対象レコードを反転させ、作成(M)→オークションファイル確認をクリックすることで、環境設定→アプリ設定で登録したCSV確認アプリケーション(デフォルトは拡張子CSVに関連付けられたアプリケーション)が自動起動し、内容を確認することが出来ます。

※複数レコードを選択する場合は、キーボードの[Ctrl]キーまたは[Shift] キーを押しながらクリックすることで複数選択が可能です。

但し、Excel2000、2002(XP)、2003をご利用の環境でAEAssistシートでの項目列が257列(IW列)以上ある場合は表示することが出来ませんので、別のアプリケーション(OpenOffice.org v3.0以上に同梱のCalcやExcel 2007など)をインストールし環境設定→アプリ登録にてCSV確認アプリの登録をお勧めします。

次のステップ ストア出品ツールの活用へ




ページトップ
サイトマップ会社概要お問い合わせリンクHOME AE Assistのご紹介 オンラインマニュアル ダウンロード サポート
Copyright(C) 2005 AE Assist/Wise All Rights Reserved.